上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.09 AIKAオンライン
■ゲーム会社の電話対応に激怒! 態度が悪いと祭りに発展「運営が謝罪」
http://news.livedoor.com/article/detail/4538376/

AIKAオンラインというオンラインゲームに関する話題です。
酷すぎる電話の対応が面白かったのでご紹介。

ROとは関係ないネタなので[続きを読む]から。
簡単な流れを言うと、
1.オンラインゲームのプレイヤーが唐突にアカウント停止処分を喰らう
2.メールでその理由を問い合わせる
3.五回メールしても明確な理由を教えてくれずテンプレ回答
4.怒ったユーザーは電凸
5.酷すぎる電話対応をされる
6.ユーザーが録音した電話内容をネットに公開→祭り
7.祭りを知った運営は丁寧な対応を取る

▼酷すぎる電話対応
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9312048

▼祭りを知って丁寧になった電話対応
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9319079

▼2ちゃんねるの反応
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52148289.html
http://guideline.livedoor.biz/archives/51376919.html


動画のユーザー側にも非があるし、何よりもトークが下手。
けれども、運営側のこの電話対応はないwww
相手に話す隙を与えないほど矢継ぎ早に言葉を紡ぎ、
小馬鹿にしたイントネーションで相手をいらだたせ、
話を聞かず、電話を受けた側が一方的に切る。
会社の顔をもった人間がクレーマー相手に喧嘩してどうすんだと。

▼クレーム対応:ビジネス豆知識
http://www.business-mamechishiki.com/claim/


企業が恐れていることの一つとして、ネットイナゴによる祭りがあります。
ネットのない時代であれば、一個人の声なんて小さな物でしたけれど、
現在の一個人の声は、ネットを通して世界中に発信することができる大きな物です。
その場限りと思っていた企業の不誠実(隙)は、一瞬にしてネット中を駆け巡ってしまいます。
だから、消費者との接点では昔以上に慎重になるべきだし、
そうしないと生きていくことができません。

そんな時代で、
しかもネットイナゴそのものみたいなユーザーを相手にするネトゲ運営の会社が、
こんな電話対応をする勇気を持っているなんて!
ネトゲ運営の会社の実態はよくわかりませんが、どこも似たようなものなのでしょうか。
ガンホーだったらこのようなクレーマー相手にどういった対応を取るのか興味あります。
とりあえず、森下社長は表に出てこない方がいいと思う。イメージ戦略を考えるのなら。

▼「ネズミ講方式で課金課金!」
http://www.4gamer.net/news/history/2005.12/20051205183057detail.html

▼「ユーザーに嘘を付き続ける必要がある」
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20070920/tgsogs.htm

▼「ホストみたいな恰好に進化した森下社長」
http://www.gpara.com/pickupnews/news/090526_ro_interview/
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。