上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.06 20100131Gv
2010/01/31Gvレポ

1/30の深夜29時、友人と二人で深夜の参拝をした後、鎌倉の海岸に来ていました。
「ああ、今日はGvか……」と大海原を前にしてもROのことを考えていたのですが、
月の輝きがやけに強烈だということに気づきます。
どうやら、この日は特別な満月だったようです。

2010年1月1日は満月、1月30日も満月。
ひと月のうちに満月が2回あるとき、2回目の満月をブルームーンと呼び、
さらにこの日の満月は今年一番大きなものだったらしい。
そして、このブルームーンを見ると幸せになるという言い伝えがあります。
(2010年は3月30日もブルームーンとなり、年に2回もあるかなり珍しい年だそうで)
幸せだったとは言い難い人生を歩んできた私も、2010年は少し期待してもいいのでしょうか。
ガリガリ君にアタリが出ちゃったりするんですかね。
  ブルームーンに関する記事→ その1 その2 その3

どうでもいい余談から始まりましたが、遅れに遅れたGvレポ。
中身人数27人。
Wiz2だったので魔法剣士出しましたが、私がAFK中にちゃっこもきてたし、
まきるんが来なかったので、未完成教授でもいいから出しておけば良かったかな。
F4、C3獲得の2砦。

■V4 防衛
20:16 ER内EmC
無人だった。
20:17:00 FLH猫がブレイク。
私はAFK
20:23 NEGIがやってくる。
20:24 Sadal追加。
NEGIとSadalの排除戦開始。
NEGIが堅守しているN5に敵が来たのかNEGIはすぐ撤退。
入れ替わりで暇追加。
Sadalと暇の排除戦開始。
20:36 FLH猫はEmC転進。

■L5 Cafe
イナバ防衛。
20:36 第三EmC
20:37 階段下EmCからイナバラインへ一斉突入。
20:38:56 制圧してFLH猫がブレイク。

■L5 防衛
20:38:56 イナバ防衛開始。
Cafeが来るも、後ろからきたNEGIに排除され、そのままFLH猫も排除される。
20:42:19 NEGIがブレイク。
FLH猫以下の中堅クラスだと、瞬殺過ぎて戦いになりませんね。

■V1 BH
WPロキなし防衛。
ここから私が復帰。
20:50 突入。
20:51:30 制圧してFLH猫がブレイク。

■V1 防衛
20:51:30 ロキなしWP防衛開始。
SITが攻め。
21:01 逆流転進。ちょうどSITも転進したところだった。

■N2 防衛
エンペまで直通。
21:12 EmCから少数他勢力を排除。
21:14:40 FLH猫がブレイク。
風が散発的に来た程度でまとまった攻めはなく。

■F3 Cafe
21:21 一旦N2捨ててF3へ移動。
暇と被る。
先週のリベンジっぽい気もするのでFLH猫は撤退。N2戻り。

■F1 SIT
バリケとかあったようだけどFL2マスタが第三バリケ内側にいる。
21:28 EmC
21:29:09 FLH猫がブレイクして転進。

■F4風 N2防衛
私は相変わらず留守番です。るてこもN2留守番。
21:30 F4 砦前にCafeと暇? FLH猫はしばらく様子見。
21:31 N2 メルトCmpにより守護1破壊。
21:39 F4 N2も安定したのでEmCからF4全軍攻め。
第一バリケ戦から。
Cafeと排除戦になる。
ラグが酷い。
21:43 N2 Cafeにより守護1破壊。
N2に来たのはCafe5人程度。
21:44 N2 EmCでN2へ戻り。Cafe排除。
21:47 F4 EmCで再開。城門復活済みなので守護破壊から。
21:48 F4 第一バリケ戦再開。
私もちょいちょい戦闘に参加。
21:58 第一バリケ残り2本のところで転進。

このところ、ラスト付近までF砦全体が盛況のせいか、その時間のラグがものすごいです。
VITLKが1つも回復出ずに死ぬこともある酷いラグ。
EmCすると鯖缶多数な上、鯖缶しなくても召還ポイントに範囲攻撃があると回復でないまま死ぬ。
それゆえ、前のめりすぎるあの攻め方じゃダメだった。
ラグとバリケ保護の状態を見れば、別のやり方がありました。
また、旗復帰エンドレスの遊撃Cmpがかなり出ていたので、教授にゴスがないとかなり厳しい。
加えて、N2にるてこが行ってるので、リカバ先は決め撃ちするくらいでも良さそう。
ゴス抱えてまきるん寝坊→ハム教授→AX減る(らしゅさんのみ)→ADS除き遠距離物理火力1のみ
これも痛い。まきるんめ。

■C3 レース
21:59:47 FLH猫がブレイクして獲得。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。