上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ハイド・サイト系スキル
なにやらFLH猫の溜まり場がクローキング観光名所してたみたいです。
ゲーム内に留まる内容なら晒されたところでゲーム内に留まるから問題ないとしても、
リアルに絡む内容を晒された場合、リアルにストーキングされる危険性もあるし、
そこまで行かずともゲームを超えた個人叩きに発展する可能性もあります。
FLH猫メンバーに限らず、不用意なオープン発言は注意しましょう。

良い機会なのでハイド系、サイト系スキルを軽くおさらい。以下コピペ。
アサテンプレ http://assassin.rowiki.jp/
ローグスレテンプレ http://mohige.s253.xrea.com/
マジスレテンプレ http://wizard.rowiki.jp/

▼ハイディング
Lv1で30秒、Lv10で300秒。
ハイディング中は継続的に8秒毎に1SPが消費され、SPとHPが自動回復しない。
使用中は他PCに見えることなく、地属性魔法以外は影響下におかれない。大魔法も例外ではない。
BOSS、悪魔・昆虫種族のMobには無効。これらのMobがダメージ源の攻撃は通常通り食らう。
発動直後はまだタゲが残っており、その攻撃が当たるとハイド状態は解除されてしまう。
発動中にBOSS、悪魔・昆虫種族のMob及び地属性魔法でダメージを受けた場合も解除される。
集中力向上、ディテクティング、ルアフ、サイト等でハイド状態が解除。
魔法詠唱などのターゲッティングされてる時に使用すると、タゲをはずす事ができる。
ただし地属性魔法と支援は除く。キリエ詠唱中にハイドSAしても無駄にならない。
GvGシーズモードにおける、頭上エンブレムはハイド中は消える。
範囲状態異常スキル(HF・ジョーク・スクリーム・サンド・アンクル・スキッド等)は
ハイド状態でも影響を受け、ハイド状態のまま睡眠・凍結・スタン・沈黙等になる。
対人において、ハイド状態で消えている相手に直接ダメージを与えられるスキルは
HD・GF・ルアフ・ランドマイン。
罠型スキルはハイド状態でも発動する。
ただし地属性以外のダメージは受けない。状態異常には巻き込まれる。

▼クローキング
クローキング状態は通常の状態とは何の違いも無く、ただ姿が消えているだけである。
故に移動・座り・アイテム使用等の行動を制限されることが無い(攻撃、スキル使用で解除)。
ハイドと違いスキルにターゲットされた後に使用してもタゲのリセットはできない。
また大魔法やAS(アローシャワー)といった地面を対象とした範囲攻撃、
ならびにMBやMAのような範囲攻撃を無効には出来ない。
またBdSやVSといった「キャラクターを対象とした攻撃の範囲部分」についても
攻撃対象になることはないが、範囲部分にはしっかり当たる。
つまり「見えなくなる」「攻撃対象に指定できなくなる」「アイテムを拾えない」以外は通常と同じ状態。
壁から1セル以内にいる時は通常よりも速い速度で移動が可能。
壁から2セル以上離れるとLv1~2は使用不可。
Lv3以上はいくら離れても使用可能だが、通常より移動速度が落ちる。
クローキング中は再度クローキングを使用、何らかのスキルモーションを行う、
通常攻撃モーションを行うと自動的に解除される。
ハイディングと同じく、悪魔系や昆虫系、BOSS属性の敵たちには
クローキングをしても発見され攻撃される(攻撃を喰らった瞬間に解除される)。
アコ系スキルの速度増加による移動速度UPの効果も乗る。
※ただし、壁あり時でも速度増加状態時の移動速度より速くなることはない。
あくまでも「姿が消えているだけ」なので設置系のスキルに対しては無力な場合が多いので注意。
クロキン中にVDの上に乗れば毒化するし、
ファイアーウォールを通過しようとすれば弾かれてクロキンが解除される。
Gvの時エフェクトを切っているなら注意されたし。
毒状態だとHPは減るが、SPは減らない。

▼トンネルドライブ
ハイディングスキル中に移動が可能になる。
移動速度は激減する。Lv5で通常時の半分程度。
速度増加による移動速度上昇効果はのる。
ポータルや転送ポイントにハイド中に乗ることはできない。解除と同時に転送開始。
クロークと違いハイドの性質を持つため、地属性以外の範囲魔法を避けることができる。
持続時間(潜っていられる時間)はハイディングスキル依存。
その他、特性は全てハイディングスキルに準ずる。

▼チェイスウォーク(チェイサーのスキル)
ハイド+㌧㌦よりはクロークに近い性質を持つ。
移動時足跡が残る。足跡はエフェクトを切ると見えなくなる。
ハイド等と違いサイト、ルアフ、集中力向上等では発見されない。
アイテム使用可能、アイテム拾い可能、隠れたままNPCと会話可能、スキル不可。
範囲攻撃の場合は(魔法に限らず)ダメージを受ける。ブラギ入りMB策敵が有効。
ターゲッティングされ詠唱の始まったスキルは避けられないため、
ルアフ阿修羅の回避には使えない。ハイド連打のほうが可能性があるだけマシ。
ハイド同様に昆虫・悪魔・BOSSには発見される。
自分で解除する、SPが0になる、ダメージを受けると解除される。
消えて10秒が経つと同時に、右側にSTR上昇のアイコン(拳形)が出てSTRが30秒間上昇。
その際、自分にだけ音がきこえる(ラーヴァゴーレムの足音と同一)。
シーズモード(GvG)での使用が可能に。但しその場合SP消費量は5倍上昇。
詠唱時、回転しながら消える(回転時間=詠唱時間)。
レベル選択はできない。
チェイス中でもIAの効果あり。
罠はしっかりかかる。

▼ローグの魂
Lv1で150秒、Lv5で350秒。
ディスペルにより状態解除にされない。
ランカーのポーションを使用した時、回復量が大きく向上する。
チェイスウォーク使用時にSTR+状態が5分間維持され、チェイスウォークの移動速度が増加する。
IA入りローグ魂入りチェイスウォークは、IA入りペコ並の移動速度。

▼ルアフ
5x5の範囲(射程2)のハイド、クローク、㌧㌦を炙り出す。
持続時間10秒。
隠れている敵にMATKの145%程度の聖属性ダメージを加える。
ルアフ阿修羅は、ルアフの射程外に逃げて、ハイドによる阿修羅回避が可能。

▼サイト
7x7の範囲(射程3)のハイド、クローク、㌧㌦を炙り出す。
持続時間9秒。(エフェクトが消える1秒前に効果が切れる)
サイト阿修羅はハイドによる回避不可。
サイトを使用する阿修羅チャンプも少なくない。

▼サイトラッシャー(SiR)
詠唱0.7秒、ディレイ2.0秒
範囲は自分を中心に15x15
1回のサイト中に1回だけ発動可能。
威力はMATK0.7~3.0だが、短詠唱、不発なし、広範囲が利点。
クローク、チェイス対策にもってこい。

▼ヘブンズドライブ(HD)
5x5の地属性範囲魔法。
威力は低いが、ディレイが短いのが長所。
ハイド、クローク、チェイスに対して、遠距離炙り出しスキルとしてHD1が使える。

▼グラビテーションフィールド(GF)
5x5の地属性範囲魔法。こちらは持続性がある。
基本詠唱5秒、ディレイ2秒。
Lv1(400x5秒)~Lv5(1200x9秒)
攻撃速度減少効果がある。
与えるダメージは、献身、金ゴキ、タラ盾、シーズ補正、MDEF、カイト、LA……全てを無視して固定。
エンペにもダメージを与えられる。
射程は15と異様に長い。
発動中術者はアイテムの使用と移動が出来ない。装備切り替えは可能。
ハイド、クローク、チェイスに対して、持続効果ありの遠距離炙り出しスキルとして使える。

▼サイトブラスター
基本詠唱2秒。効果時間2分。
術者の周囲3x3に入った敵に対してMATK1の火属性攻撃を与える。
相手がSWをしたり、カイトをしてる場合、
一瞬でかき消しダメージを与えることができる。カイトの反射ダメはない。
サイトブラスターのサイトのような炎にはサイト効果はないが、
隠れてる相手が自分の横を通り過ぎた場合、相手を炙り出すことができる。
つまり、自分の周囲3x3のハイド、クローク、チェイス炙り出しスキルになるということ。
相手が金ゴキチェイスの場合、赤MISSの滝が見られる。

▼集中力向上(アチャスキル)
使用時周辺3x3=9セル内(射程1)の隠れた敵を捜すことができる。

▼ディテクティング(ハンタスキル)
効果範囲は指定したセルを中心に7x7セル。
レベルを上げることにより遠くを指定できるようになる。
Lv1で+3セル、Lv4で+9セル。

▼陽光の箱
30秒間隠れた敵を発見できるようになる。重量20。
※虎人カード:アクセ。天使形モンスターを倒した時、一定確率で「陽光の箱」をドロップする。

▼マヤパープルカード
※兜。ハイディングやクローキングをしているモンスターが見える。
マヤパ使用動画(たれマヤパ所持のHrothvitnirのAX)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3405760
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。