上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.04 20080803Gv
2008/08/03Gvレポ

2PC込み32くらい。
FLマスタがいなかったので猫鬱で行動。
V3 PoCaを落して獲得。

■L3 SK真紅
MCT等攻め手共々排除し確保。
20:06:24 一旦ブレイク。

■L3 防衛
イナバ防衛開始。
20:11 ゆいつきAFK。
攻め手は[>PS、大分入りSSU、Cafe少数。無難に防いだ模様。
20:26 ゆいつき復帰。
20:27 Sadalの攻め開始。
この日のSadalは多いように見えました。傭兵が数名いて2PC込み40くらいかな。
FLH猫側はマスタ他前衛多数が偵察行ってて危険な状態から戦闘開始。
20:35 poolの献身パラHiWizペアが一度くる。ザウエル連も1度来ました。
21:01 大きく崩れる場面はなく、21時過ぎたのでEmCで転進。

Sadalの攻めはすごく攻略してるような感じを受けます。
正位置で見て、左通路から大魔法弓ADSで高台一部ポイントを抑え、
右通路から高台崖際を通して回り込み、左入り口からAX、LKを進入させていました。
あと、クリエ二人のADS連打が半端なかったです。

ラインを決めてL3イナバをやったのは2008/07/06含め今回で2回目でした。
1.WoG+PoCa+NEGiの特殊ユニットっぽいの3
2.WoGのターン(同じ攻め側PoCaの塊と距離がある場面)
3.PoCaのターン(同じ攻め側WoGの塊と距離がある場面)
4.WoG+PoCa+NEGi外征
5.Sadal単体
こんな感じの攻めを受け、キャパオーバーで落城した4番を除くと、
一番押し込まれたのが2番のWoGのターンでした。
(2008/07/06の時は今回より人数多くてノピEmCも使えたり、
 L3イナバに慣れていなかった等の違いはありますが)
一通路なので、こちらが下手なミスをしなければ、
1番のような連合が混在した状態での攻めだと進軍に詰まってしまう。
3番PoCaのターンでは、教授がいなかったようで、あちらは全く押せていない状態。
そして今回の戦闘である5番Sadalでは、WoGの時より押し込まれた感じはなかったです。
SadalのEmCからFLH猫側との接触まで間が空きすぎていたからかな?

■V3 PE無風
21:01 第二EmC。
21:05 突入。
チャンプマスタだったので突破EmCを狙うも失敗。
PE無風はいつもより数が多く感じられ、横崖Wiz地帯にはジークがあり、
真正面にもしっかりとしたWiz地帯があって、コーナーの火力も高い。
元DASHのRevolverのメンバーがいたのもあり、Wizが7-8いましたね。
21:08 再度突入。ここの突入はばらけて上手くいかず。
21:10 突入3回目。LP引けたりと多少崩れる。
21:11 突入4回目。これで制圧したけれど――
21:12:37 紛れ込んでいた同盟外のHvマスタにブレイクされる。
回復でないって意見差っ引いても、結構堅かったと思います。

■L2 Sadal
Sadalのイナバ防衛。攻めにPoCaがいました。
21:19 ER内EmC。
攻め排除からしたかったものの重すぎてどうしようもなく、
時間もなくなってきたのでPoCa排除を二の次に、一斉突入で割り指示。
21:31:40 階段上で波状EmCしたところPoCaに競り負け。
オブジェクト不発も凄まじかったです。

■V1 SIM
21:42 第三EmC。
SIM放棄転進。
こちらも転進。

■V3 PoCa
21:45 第三EmC。
21:46 突入。
これで奥階段手前までほぼ排除終り、中でEmCして全排除確保。

■V3 防衛
21:48 WP防衛開始。
PoCaが少し継続したくらいで大きな攻めはなし。
21:59:09 ぬこでブレイク。
外征実らずV3獲得で終了。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。