上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.05 イナバ防衛
■イナバ防衛のポイント
GvSEの平地戦の前段階と言えるかもしれないイナバ防衛のポイントをまとめます。

・平地戦:WPに防衛ラインを作らず攻防を行うこと。イナバ防衛も平地戦の一つ。
・イナバ防衛:エンペリウム周りに密集して行う防衛方法。イナバ物置のCMが由来。 

▼SGで死なないようにする
まずはコレ。
並のSG1枚でいちいち死んでいたらイナバ防衛などできません。
SGは撃たせないの前に、SGを発動させないの前に、SG喰らって死ぬ人を減らす。
属性アンフロなどの高級装備はいりません。安価な装備でどうとでもなります。
これを全体に徹底させます。
阿修羅ADSを耐えまくる特殊ユニットを少数作るよりも、
全員がSGに耐えることが重要です。

▼エンペ保護を徹底する
WP防衛と比べ、敵とエンペの距離が非常に近いです。エンペは高頻度に叩かれます。
ですから、エンペ保護を、WP防衛する時以上に徹底しましょう。
Priはとにかく自分が死なない位置に立ち、自衛SWを維持し、できれば献身をもらい、
それからエンペSWとサンクを維持します。
エンペの判定セルを把握しておく必要もあります。
WP防衛に比べ青Jの消費量が圧倒的に多いので、カート職に青Jを持ってもらいましょう。

▼大魔法の維持
大魔法を置くにはWizが必要です。Wizが死んだら大魔法は置けません。献身パラが必要です。
パラが死んだらWizが死にます。これが頭に入ってないWizが多いです。
献身負担を減らすために、献身が入っていようとも自衛をする。=献身パラの保護にもなる。
BBガーターや壁際を意識し被弾率の低い場所に位置し、SWを置き、ECを使用し、SG耐性を上げる等。
特に、自衛SWを忘れる人が多いので、意識してSWを置きましょう。
Wizが生きていても、常時スタンしていたら生ける屍です。大魔法は発動しません。
HiWizは発光してVITを上げる、鯖セットやスタン耐性装備を付ける、VIT料理を使う。
さらに、PriがWizへのリカバを徹底する。リカバ=火力UPと同義です。
VIT初期値のWizしかいない場合は、イナバ防衛をするのは難しいです。
また、反射装備が多いので、Wizの足元にはサンクが必要です。
大魔法は、射線と効果範囲をしっかり考えて置きましょう。

▼前衛による足止め
前衛は、攻め手の流入量を抑える必要があります。
なるべく狭い通路で、敵攻撃の被弾率が低いポイントが良いです。
それでも、ロキWP防衛に比べ、桁違いに攻撃を喰らってしまいます。
前衛には、相当の耐久力が要求されます。

▼自衛LP
FLH猫のイナバ防衛では基本的にLPは用いません。
単発で喰らうSG程度は耐えるのを前提で戦います。
SWサンクで保護し、入り込んできた敵前衛の攻撃を防いでしまった方が耐久力は上がります。
例外的に、V4、C2、C3は自衛LPを使用します。
敵大魔法が単発程度では済まないので、LPがないと大きく行動制限されてしまうからです。

▼崖に出ない・前に出過ぎない
失敗してるパターンでよく見るのが、崖を使ったイナバ。
C1、L2、L3等ですね。
崖に立った人から瞬殺されてます。
しかもSG1セットで死ぬような人がよく立っています。
また、前衛阻止ポイントから大きく前に出て単騎奮闘している人。
それが有効的であればよいのだけど、接触したそばから即死な人も少なくない。
そういったのに対しては、指揮側がしっかりとしつこく何度も何度も注意します。
「前衛もっと下がれ@@@@@@@@@@@@@@」
「崖に立つな@@@@@@@@@@@@@@@@@」
時には、名指しで言います。すごく効果的。
「ホーリー下がって@@@@@@@@@@@@@@」
「ほり下がれ@@@@@@@@@@@@@@@@@」
「ほりきけ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■」←強調したい場合■を使ってます。
「tcdホリさがえr■■■■■■■■■■■■■■■■■」←ブチギレてタイプミスしてる様子。
死に難い位置に立つことを心掛けましょう。

▼遊撃
遊撃はなくてもいいです。
出すなら、耐久度や機動性の高い、即死しないユニットを出します。
遊撃的なものとして効果的な方法は、隙を見て突っ込んで、すぐに戻る。
インアウトするってやつです。
敵が固まってる地帯に向け、スタン耐性が高いWizが速度Pで突っ込んでSG撃ってすぐに戻る等。
敵がEmCしたポイントなどへは積極的に素早く突っ込んでいくと良いです。

▼EmC
イナバ防衛は、WP防衛より安定しないものです。
一方的に潰す形を作るのではなく、潰し合いをするからです。
なので回収EmCを頻繁に使うことになります。
イナバ時でのEmCには献身がほぼ必須です。
回収EmCする周辺には、召喚後を保護するためのSWがほしいです。
回収EmCする直前には、攻め手の一斉突入を遅延させるための逆突がほしいです。
マスタが封鎖を喰らったら、即時に伝達し、敵封鎖部隊を荒しにいってもらう。


▼最後に
GvSEはバリケードゲーもできますが、一番楽しいのが動きのある平地戦だと思っています。
しかし、平地戦が慣れていないせいで、思うようにGvSEを堪能できないところもあるでしょう。
そこで、旧砦でロキを切る必要もないようなロキ防衛をするよりは、
固定ラインありで平地戦が味わえるイナバ防衛を試してみるのはどうでしょう。
個人的には、L3砦が色々な要素が詰まっているので練習にはオススメ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。