上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.27 20090125Gv
2009/01/25Gvレポ

みぜは休めどあやたんが参加し序盤30、終盤34くらい。
みぜは昭和40年代の物価でラーメン戦争中らしい。
N2とN4とV3を獲得。

■N2 防衛
私は簡単にライン説明してすぐご飯AFK
20:11 九州がin 15前後。
20:14 夢暇が追加。夢暇には堅守砦ありますが全軍近い50前後による攻め。
20:17 正面の夢暇を抑えてるところ、九州が崖上の内側でEmC
すでにつらい状況だったFLH猫は2手に挟まれて堪えきれず崩壊。
20:19 FLH猫が守護1でEmCと同時に守護2が破壊される。
守護1戦途中の2分ほど夢暇vs九州の戦いがあったような。
20:25 FLH猫の回収EmCと同時に、夢暇金チェイスが守護石付近でEmC
あの狭い地帯で気付かなかったのは痛かった。
20:26 守護2修理とほぼ同時に守護1破壊される。さらにFLH猫が第一バリケ内側EmC
守護2修理完了からEmC召喚まで約10秒。
ぎりだったので守護2移行は厳しかった。
この頃には九州は撤退し、ほたて連が追加。

20:27 第一バリケ戦開始。
FLH猫がまともにバリケ戦をしたのは、
実装2週目2008/12/07GvのF4でNEGI+九州だけだったかな。
あの時は仕様がよく分かってなかったことによるミスが大きな要因だったけれども、
実装から二ヶ月経ってこれはかなりヤバイ。宇宙ヤバイ。
私はまだAFKだったので、Gv後に攻め手の数がどうのと聞いたけれど、
それ以上にFLH猫のバリケ戦への不慣れ感が目に付きました。
しばらくは守護石防衛やらないでバリケ戦の練習をして手順を覚えておきたいところ。
ここらで私のROクライアントがフリーズ。
20:30 第一バリケ崩壊。
20:32 第二バリケ崩壊。
バリケ戦が成立しなかったようで、第三バリケは最初から捨てて、
20:33 第三バリケ崩壊後、エンペイナバ防衛開始。
イナバの位置が良くないなーと動画を見ながら思ったけれど、
7分ちょいも持ってるのは結構がんばってた。
脳内シミュではエンペ↑の壁を背にしてやると良いかなって思ってました。
20:40:39 私がAFKから復帰した直後、夢暇がブレイク。
最後は献身パラの回復尽きてEmCが通らなかった模様。
FLH猫の規模では献身1は足りなすぎですね。
特に相手と人数差が出てしまう戦いの場合など。
N2守護石防衛戦の考察は箱ねんとかと現場で行ってきたので、あとでまとめます。

■N1 BSS
20:55 修理していたので4分ほど待ってから突入。
しかし入ってみると第三バリケしかありませんでした。
バリケ越しの戦い。
20:59 第三バリケ破壊。
21:01:20 確保してからFLH猫でブレイク。

■N1 防衛
21:01:20 防衛開始。
守護石だけ直す。
BSSの攻め。
各自フリーダムに平地防衛。
21:12 リログ転進。

■N4 Sadal
21:21 EmCで移動。
Sadalは守護1でイナバ。
Sadal側に豚や傭兵が数名いたようですが、人数は23と少な目だったらしい。
21:22 守護1ブレイク。レーサーが守護2ブレイク。
21:23 第一バリケ破壊。
21:27 第二バリケ破壊。
21:29 第三バリケ破壊。Sadal側ほとんど残っておらず撤退を始めた模様。
21:32:51 FLH猫でブレイク。獲得。
ここでの私は指示系統を中心にやっていたのですが、
録画を見返すと棒立ちっぷりが酷かった。AFKしてるのかと思った。
タイピング中死ぬとか良くあるんで、ハイド状態にしとくべきでした。
それと、バリケ戦時の箱ねんのチャット窓で、忍者1匹100点、豚1匹10点ってのがありました。
豚の得点は低いです。
あと、FLのエンブが忍者の描いたCGでした。
忍者の許可を得ていたかどうかは知らない。

■N2 風
21:37 SE砦初のWPEmCから。
入り口ロキ防衛で大魔法が良く出ていました。
守護1は先行していた阿修羅が破壊し、
21:38 守護2は少数の防衛を崩して破壊。
そのまま行けそうだったので私はリログしてN4へ。風は撤退した模様。
N4にはザウエルや他レーサーがいた。
21:42 第三バリケ破壊し、確保。
21:44:34 FLH猫でブレイク。獲得。

■V3 Sadal
21:48 第三EmC
私はER奥まで周ってからすぐリログしてN4、N2の巡回。
21:49 確保。WP防衛開始。
21:58:11 FLH猫でブレイク。獲得。

■V1 TRIUMPH
SIMの後継ギルドです。♀チェイサがマスタの模様。
箱ねんの外征指示はV1、猫マスタちたはV4にいて具体的な状況報告なく「いけそう」と。
V3状況報告が継続的になく、報告をするよう指示をしても反応は鈍目。
指揮側は自分の目で見てないものを把握しなければならないため、
敵がいなくても継続的な状況報告は必要です。
21:59 やっと準備ができて第三終点EmC
一部がそのままWPへ入ってしまい、突入が二分されてしまう。
押し切れず終了。あと30秒はほしかった。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。